愛しいトイプードルの為に

通常の変化の無い日々の記録と、老犬で病気になってしまいましたので、私の数々の失敗を、少しでもお役に立てて頂けると嬉しいです。

退院後3日目

6/22 娘のぽぽは、朝のお散歩を通常通りの、45分行きましてから、
13:00に、娘のぽぽをu病院に連れて行きました。
ぷぅの調子が悪くなってから、元気がなく鳴き声も、きゃんきゃんしておりました。
涼しい日でも、息遣いも荒くなっており、んこも粘膜便でしたので、健康診断も兼ねて
診て頂きたくて行きました。
以前から、太っており、2017/07の検査で中性脂肪の数値も高めで、
2018/04の血液検査で、少し改善されている状態でした。


診察は、血液検査/レントゲン/エコーを、行って頂きました。
ぽぽは、今まで他の病院であまり怖がる事はなかったのですが、病院につくなり、
ガタガタ震えて、診察が終わるまで震えはおさまりませんでした。
やはり、中性脂肪は高めでしたが、他は様子見で、調整剤を頂きました。


連れて行く時点で、かなりドキドキしておりました。
やはり、ぷぅが心配でメンタルがかなり弱くなっていたのかと、思いましたが、
一安心でした。


病院から戻り、寛いでいるぷぅのお腹を見ましたら、傷にそって染みができていました。
急いで、u病院に行きましたら、感染している可能性があり、傷口から膿が少し出ていとの事でした。熱も高めの39.8度でした。
術後の服を着ていましたが、服を止めて傷口を乾かす方向になりました。
1日 2~3回の傷口の消毒/塗り薬を、処方して頂きました。


ぷぅは相変わらず、食欲旺盛です。
引き続き、なるべく小分けに食事(療養食100g/鶏レバー/豚レバー/豚肉)を
与えていきます。
機嫌も良いです。朝の散歩も、10mくらいですが行きました。


暑がるのだから、離れて寝れば良いのに。。。


傷口の状態が少しでも良くなりますように。。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。