愛しいトイプードルの為に

通常の変化の無い日々の記録と、老犬で病気になってしまいましたので、私の数々の失敗を、少しでもお役に立てて頂けると嬉しいです。

ぷぅの体調は良くなったり悪くなったり

8/3 朝のお散歩は、ぷぅは5m歩いた後抱っこ紐で、ぽぽは通常のリードで
行きました。
ぷぅは、自分ではまったく食べなくなってしまいましたので、注射器での食事を与えています。
通院時にも、食事を与えてもらっていますが、少し体重が減ってしまいました。
診察時に先生からお腹の痛みは無いようだと、診断して頂きました。
ぽぽは、食欲旺盛で、ぷぅの食べ残しをガツガツ食べています。
ぷぅに夜の食事を与えてから、ぷぅはキャリーに立てこもるようになってしまいました。
やはり強制的に食事を与えているのが、いやなようです。
いつもなら、一緒にベットで寝るのですが、一晩中立てもこりでした。
いつもはこんな感じで寝ています。


8/4  朝のお散歩は、ぷぅは5m歩いた後抱っこ紐で、ぽぽは通常のリードで
行きました。ぷぅはおしっこをしてから、立ち止まってしまうので、抱っこ紐は
しかたが無いです。1日に1回は外の空気を吸わせてあげて、気分転換になれば良いかな
と考えております。夜は30℃を越えてしまうので、お散歩が出来ない状態です。
ぷぅは歩き方がゆっくりで、直ぐに止まってしまう状態なので、具合はあまり良くない
感じです。


お散歩から戻ってから、ぷぅは自分から食事をとってくれないので、注射器での食事
(痛み止めの薬/ゲリ止めを砕いて混ぜています)です。
食後はやはり、キャリーに立てこもり出てきません。
私が部屋の外に出て直ぐに戻らないと、いつもならドアの前に張り付いていますが、
今日の午前中は、ずーーーっとキャリーで寝ていました。
私の仕事部屋から、キャリーが見えるので、ドアに張り付いているよりは、
安心です。
2時間後に、出てきてくれたので、食事を注射器で与えたら、またキャリーに
こもってしまいました。
嫌がられても、食事を与えないと痩せてしまい、体力が落ちてしまうので、
心を鬼にして、与えなければなりません。。。


明日は、抗がん剤の日なのですが、間違えて抗がん剤を捨ててしまったようで、
見当たりません。。。。。
明日の通院時に貰わなくては。。。日曜日なので、病院で薬を出して貰えるか少し心配です。
抗がん剤を与える際は、私がとっても緊張してしまい、投薬時は軽くパニックを
起こしているので、もっとしっかりしなければいけないですね。


ぷぅのキャリーは、サンルーム(3畳ほど)の中の、犬用トイレの横にありますので、
暑くないか心配なのですが、強制的に出そうとすると、すっごく怒ります。
エアコンの温度は、体感温度26℃(実測は23℃)にしてサンルームの入り口は、
全開にして冷気を送るようにしています。


食事待ちができるよになりますように。。。。


自分で食事を食べてくれるようになりますように。。。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。